ネットメディアこうべ配信記事
メルマガ配信記事詳細

2012年11月22日

神戸発のギザギザ新型メモ グッドデザイン賞に

オープンカスタムス2012(チラシ裏).jpg
1年半かけて商品化した「オリッシィ」を手にする武部社長=神戸市東灘区向洋町東2、大和出版印刷
 中堅印刷業の大和出版印刷(神戸市東灘区、武部健也社長)が開発したメモ帳が、2012年度のグッドデザイン賞に選ばれた。名付けて「オリッシィ」。側面のギザギザを折り曲げ、チェックリストとして使える優れもの。生活の現場から、使いやすく、おしゃれな形状を実現した。12月から神戸市や加古川市の文具専門店で売り出す。今後、「神戸派計画」というブランドで新製品を順次、投入していく。
 受賞した製品は縦10センチ、横7センチのカラフルな紙を60枚重ねたメモパッド。一行の左端が5ミリほどの山の形に出っ張っており、のこぎりの歯のようになっている。書き込んだ項目をチェックする際はその山を折ればOK。ペンで確認済みの印を入れる必要がない便利さと、ユニークな形状が、デザイン賞の審査委員に評価された。
 開発のきっかけは、自社の契約デザイナーが「買い物かごを持ったまま、チェックできるメモがあれば便利」と思いついたことから。ギザギザに切り取る技術が最も難しかったが、金型を用いた手作業で仕上げた。
 文具にこだわる20代後半〜40代の女性を顧客に想定し、緑や黄色など優しい色使いの3種類をそろえた。378円。年間500万円の売り上げを見込む。すでにネット販売を行っている。
 グッドデザイン賞は1957年、通商産業省(現・経済産業省)が始めた。今年度の受賞は国内外の1108件で、うち兵庫県内は14件だった。
 武部社長(45)は「いいものを作りたいという思いが結実した。神戸から全国展開を目指したい」と意気込む。
 同社は1948年創業。従業員27人。売上高5億3千万円(2012年8月期)。TEL078・857・2355(高見雄樹)
posted by いくくる at 09:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック